転職 回数 不利

転職回数は不利か?

転職回数は不利につながるのでしょうか。

転職,回数,不利

アベノミクス効果が波及しています。業種によっては人手不足が深刻化しており、事業継続そのものに影響が生じている企業も珍しくありません。そのため、新卒入社の社員だけでは賄いきれず、中途採用による求人に注力しています。そういった意味では転職市場が活況です。 しかし、実際に転職に向けた行動をする際、これまでの転職回数が多いことから、採用には不利になるのではと考え、躊躇するケースも少なくありません。では実際のところ転職の回数は不利に働くのでしょうか。結論からいえば、肯定も否定もできません。というのも、転職回数の捉え方が各社によって非常に異なるからです。非常にネガティブに捉える企業は、書類選考段階で不採用の断を下します。しかし、人材不足が危機的な状況にある会社は必ずしもネガティブには捉えません。なので、あまり深刻に考える必要はありません。但し、1社当たりの在籍期間があまりにも短かったり、全く異業種、異職種への転身を繰り返していると、忍耐力がない、専門性が身についていないと解釈される可能性は十分にあります。そうした印象を与えないためにも、退職理由は前向きで論理的な理由を準備しておくようにしましょう。今の市場の好機を十分生かすためにも必要です。 388

転職の回数と悩みについて

転職,回数,不利

転職する際には、履歴書に職歴を記載します。 しかし、職歴が多いと、履歴書に書くのも気が引けますね。 数回ぐらいならば、記載するのも躊躇しませんが、何十回も転職を繰り返している場合には、本当のことを書かずに、大まかなものだけ書いて、転職先に提出することもあります。 もし、運よく就職出来たとしても、保険組合や年金手帳を見れば、転職回数などは分かりますし、そのことが原因で、仕事がしにくくなることもあるかもしれません。 そういう問題を避けるためにも、ちゃんと履歴書には真実を書かなくてはいけません。 本当のことを書くのは、人事担当者にあまり良い印象を与えませんが、転職にも理由があれば、先方も考慮してくれるのではないでしょうか。 例えば、勤めていた会社が倒産したり、病気でやむを得ず退職した場合もそうですが、このような時は、本人もどうしようもないことなので、仕方ありません。 ただ、人間関係のトラブルや、仕事がきつくて辞めた場合には、やはりあまり良い印象はもたれないかもしれません。 出来る限り、そういったことで辞めることが無いようにしましょう。 再就職はなかなか難しいことですが、悩みはみんなありますので、前向きに考えるようにしましょう。 389

ホーム RSS購読 サイトマップ
390